プロミスでお金借りる※提携ATMならいつでもキャッシング

必要書類提出がアプリで出来ると融資スピードも早い


リスト これから【プロミス】無人契約機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ
http://cyber.promise.co.jp/


スマートフォンの普及によってキャッシングの申し込みもインターネットでする時代になってきました。インターネットで申し込むと手続きがスムーズに出来るので融資スピードも当然早くなります。

しかしインターネットで申し込む時に必要書類の提出が業者によって変わってくる事があります。今までは郵送やFAXで提出するのが主流で現在もその方法で提出する業者があります。しかしこの方法だといろいろ手間がかかって融資が遅れてしまいます。

現在はスマートフォンの公式アプリを出している業者もあってアプリで必要書類を提出する事が出来ます。アップロード機能が付いているので撮影して送信すれば完了です。そのため融資スピードも早くなるのでインターネットで申し込む時は公式アプリがあって必要書類提出がアプリで出来るプロミスのよな業者を選びましょう。

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

キャッシングを安心して使うために

当たり前のことですがキャッシングを安心して利用するには返済に無理の無い範囲でお金を借りることだと思っています。自分の毎月の収入を考えて、そのなかで十分に返していける範囲でお金を借りるようにしていけば返済に困ることはありません。

お金を借りられるからと言って必要でもないお金を借りることは絶対に避けるべきでしょう。コンビニのATMでキャッシングカードを使い1万円を借りたすぐ直後に、本当は5千円もあれば十分だったとのにと思い直したとしたら、その場で5千円を返済してしまうような気持ちでキャッシングは利用したほうが良いと思います。

1万円でも5千円でも利息の差はそれほど気になるほど大きくはなりませんが、それくらい利息には注意を払って然るべきだと私は考えています。私自身も生活費が不足すると消費者金融系のキャッシングを利用してお金を融通してもらっていますが、キャッシングを利用する際は必ず利息の計算をするようにしています。

利息は1円でも安くしたいと思っているのでパート代が貰える日まで何日あるのかを考えて借入額を決めています。借入期間が1日でも短ければその分だけ利息は安くなるからです。こういったことを気を付けて利用していけばキャッシングは安心して使えるサービスだといって間違いはないと思います。

主婦がキャッシングをするにはどうしたら良いか

主婦でもプロミスのような借り入れ業者からキャッシングができる可能性はあります。なので実際にしたいと思われている方も多いでしょう。しかしどのようにしたらキャッシングができるのかまではわからないという声は少なくありません。仕事をしていて収入がある主婦と、そうではない専業主婦の場合にわけてそれぞれキャッシングのために取るべき行動をここで説明していきます。

まず収入がある主婦の場合、他の人と同じようにカードローンやクレジットカードを選び申込みをし、審査に通ればキャッシングはできます。安定した収入があればどなたもカードローンなどの申込み要件は満たす事になりますから、主婦であるないはあまり関係がない事だと覚えておきましょう。

一方で専業主婦の場合には、自身に収入がないという事で収入がある主婦やその他の収入のある人とは扱いが異なります。専業主婦の方の場合、一部の専業主婦OKの銀行系カードローンに配偶者の同意と収入証明書を得て申込みをしないといけません。審査は配偶者の収入などから行われて、審査に通ればキャッシングができるようになります。ただし、キャッシング限度額は通常の場合よりも低くなります。

主婦がキャッシングをするにはどうしたら良いか興味がある方は、上記をご参考にしてみてください。

アルバイトでもキャッシングを利用したい

正社員として勤めているわけではなく、アルバイトやパートタイマーとして働いている場合でもキャッシングを利用することは出来るでしょうか。毎月、一定の収入があるならば、正社員として働いていなくてもキャッシングを利用することは可能です。もちろん、まずは審査がありますので、その審査に通るように準備しておくことは重要です。

それで、本人確認に備えて、本人確認書類として用いられる運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートを前もって用意しておきましょう。また、申し込み者本人が確かに収入を得ているということを確かめるために在籍確認が行われますので、アルバイト先の名称はもちろん、電話番号も調べておきましょう。

キャッシングの申し込み書には勤務先の名称や電話番号を書く欄がありますので、そこに正確に記入します。すると、その勤務先の電話番号に実際に電話がかけられ、申し込み者が本当に在籍しているかどうかが確かめられます。とは言っても、この電話は友人を装って個人名でかけられますし、もちろん、申し込み者の収入を尋ねられることはありませんので、キャッシングのことがアルバイト先にバレる心配はありません。このように、アルバイトであっても本人確認と在籍確認二つが無事に行われたなら、キャッシングを利用することは出来るのです。

キャッシング審査の本人確認は心配ご無用

キャッシングを申し込んだ場合、まずは申し込んだ人にお金を貸しても大丈夫かどうか確かめるために審査が行われます。そして、この審査では大きく分けて二つのこと、つまり、本人確認と在籍確認が行われます。

では、この本人確認とはどのようなものでしょうか。これは、申し込み者が申し込み書に記入した住所や名前などの情報が正しいかどうかを確かめるために行われる作業で、そのために用いられるのが本人確認書類と呼ばれているものです。

この本人確認書類には、運転免許証や健康保険証、そしてパスポートが含まれていますので、キャッシングの申し込みに行く時には、これら本人確認書類のうちどれか一点を必ず持って行きましょう。そして、もし引っ越したのであれば、運転免許証などの住所変更届けを事前に必ず済ませておきましょう。

さらに、当然のことですが、申し込み書に記入する内容と本人確認書類の情報が、同じになるようにしておきましょう。キャッシング会社の側からすれば、申し込んだ人が融資したお金を返済してくれるという確信が必要です。それで、そのために本人確認を行うので、自分の住所や氏名などの個人情報を正確に申告することは大切です。そして、申し込み書に記入した情報が本人確認書類の内容と一致していれば、キャッシング会社からの信頼を得られるでしょう。

このページの先頭へ